毎日風俗遊びたいと思うくらい風俗が好きな私の集めた体験談の数々・・・どうぞご賞味ください!

可能なら、毎日風俗で遊びたい

募金というと変な言い方ですが…

風俗を利用する際、必ず指名するようにしています。指名料を削った方がという考え方もありますが、自分の場合、指名料は募金というかカンパというか、女の子に頑張ってもらいたいって気持ちを込めて指名させてもらっています。これはどの風俗でもそうですけど、デリヘルなんかでは二人きりな分、女の子のモチベーションがダイレクトに出ると思うんですよ。お店の場合、マネージャー辺りから「やる気出せ」とか言われて何とか頑張れたりもするかもしれないですけど、デリヘルの場合そう言ってくれるような相手もいないじゃないですか。お客と二人きりの環境では一度落としてしまったモチベーションはなかなか復活しないんじゃないかなと思うんですよ。だからデリヘルでは尚更指名料は支払うようにしています。その方が巡り巡って自分の快感という所で還元されると思うんですよね。だから指名料に関しては安くって考えは持たないようにします。あくまでも必要経費です。

苦労が報われてほしい子なんです

今一番お世話になっているデリヘル嬢のRは本当に良い子なんです。彼女はとっても健気だし、なぜ風俗で働いているのかといえば彼女には夢があると。そのためにお金を貯めているって言うんですよ。こんないい子、絶対に報われて欲しいじゃないですか。とはいえ、彼女と遊ぶ時はあくまでもお客と風俗嬢なのでしっかりと満足させてもらっています。人としては応援していますが、それとこれとは話が別です。あくまでも快感のために。でも、それ以外の時には彼女を応援しています。都合の良い解釈かもしれませんが(笑)でもあまり感情移入しすぎるのも怖いんですよ。以前物凄く感情移入していたデリヘル嬢がいたんです。やっぱりその子もとっても良い子だったんです。だから彼女にかなり入れ込んでいたんですけど、その子が卒業してしまったんです。まさかと思いましたし、その後しばらく呆然とした毎日を過ごすことになってしまったのでセーブして自分のためにと言い聞かせています。

恋人気分を演出してくれる子

Nというデリヘル嬢が最近のお気に入りです。彼女の良い所はたくさんあるのですが、研究熱心な所でしょうか。彼女、「風俗ノート」なるものを持っていて、お客の情報をしっかりとメモしているんだそうです。相手とのプレイを反省したりどうすべきなのかをいろいろと考えたりしているとのこと。この話を聞いた時はさすがにびっくりしました。彼女と楽しむと回を重ねる毎に彼女が上手になっているなって感じていたんですけど、それは上手になっているのではなくて彼女が自分を見て何が好きそうなのかを考えてくれていたからなんですよね。なんて健気な女の子なんだろうと思いました。自分のためにここまでしてくれる女の子はさすがにいないんじゃないかなと。むしろ思い浮かびません。恋人気分まで演出してくれる彼女。自分にとって彼女の存在は想像以上に大きいものになっているのかもしれません。彼女の存在のために、頑張って仕事をしているようなものですよ。


マネージャーだったんですって

彼女、やたら気が利くなとは思ったんです。デリヘル嬢のFなんですが、ここ数か月くらいお気に入りとして頻繁に指名しているのですが、細かい部分によく気付く利発な女の子だなって思ったんです。ですが納得しました。学生時代彼女は運動部のマネージャーだったようです。マネージャーと言えば周囲への配慮が何よりも大切です。だからこちらへの配慮が行き届いていたんだなと思いました。彼女は常にこちらの動向をチェックしているんです。例えばシャワーを浴びる時も、彼女はただお湯を出すだけではありません。水圧から温度まで自分好みに変えてくれるんですよ。初めは適当に言っているんだろうなって思いましたけど、どうやら本当にそこまで配慮してくれているんです。シャワーを浴び終わったら必ず服は畳まれているし右側にタオルがあるし。これも自分が右利きだからだそうです。ここまで出来の良い子であれば、きっと風俗以外の世界でも出世したんじゃないかなと思います。

いわゆる鉄オタなデリヘル嬢

鉄オタな風俗嬢という、なかなか面白い組み合わせの女の子と楽しんできました。彼女は風俗で働いているものの、趣味は旅行ではなく鉄道とのこと。どこかに行くのが好きなのではなく、鉄道に乗るのが好きだと時刻表を持って楽しむと。時刻表じゃなくてスマートフォンのアプリでいいんじゃないの?って言ったら怒られた程、彼女は鉄オタなんです。自分もそれなりに電車が好きでいろんな路線に乗っているって話をしたら羨ましいって言ってくれました。そんなことで羨ましいなんて言ってくれる女の子はめったにいないのでなんだか嬉しい気持ちと不思議な気持ちになりました。彼女、Dというデリヘル店にいるのですが、お店のホームページを見ても別に鉄道のことなんて一言も書かれていないんです。だから余計びっくりしましたけど、誰彼構わずに話すのではなく、本当の趣味なので良いなと思った人にしか言わないと。確かにそれは利口な考え方だなって思いましたね。

相当入れ込んでいた子が卒業

かなりショックでした。そうです、お気に入りの子が卒業してしまったんですよ。何となく様子がおかしかったので薄々勘付いてはいました。ただここまで早いとは思っていませんでした。後数か月くらいはいてくれるんじゃないかなと思っていたんですが、急に卒業してしまったんです。アイドルじゃありません。自分が大好きな風俗嬢の話です。なぜ卒業に気付いたのかといえば、いつも通りデリヘルを利用しようとしてお店のホームページを見たら彼女がいないことに気付きました。まさかと思いました。何かの間違いか、或いは更新作業のミスなのかなって思ったんです。それでデリヘル店に電話してみると、彼女は卒業したと。これには衝撃を覚えました。まさかという気持ちと、最近は彼女ばかり指名していたので、これからの風俗生活はどうしようって気持ちになってしまったんです。本当に「まさか」な展開ではありましたけど、彼女だけではなく、自分も新しい一歩を踏み出す時なのかもしれません。